変わり者の記録

転勤族の変わり者が自由に書きます

夜中3時に白湯を沸かす

4時には起きてしまう娘より早く起きることができたので

久しぶりに白湯を沸かしてみた。

そんな夜中3時。

電気ポットや電子レンジではなく、

鍋で沸かすとなんでこんなに美味しく感じるんだろか。

酸素がなんたら…てやつなんでしょうね。

 

 

昨日は朝から晩まで起こりっぱなしだった。

イヤイヤ期に泣かされてばっか。

今のわたしは泣き泣き期ですよ、ほんと。

やること全部否定から始まり、大体怒られ物を投げる。

暴力反対!暴力反対!

労働環境最悪だな。

 

もっと、娘のいいところに目を向けたいのに怒ってばっかり。

イライラしてばっかで自分が情けなくなる。

日々人間試されている気がする。

感情に任せて子供を叩くんですか?暴力、振るうんですか?

そんな声がどこからか聞こえて

家の叩いても大丈夫そうなとこにがんっとグーで叩いて

その気持ちを鎮める。

娘がもっと小さい時は、自分の腿を叩いてたっけな。

逞しいからなんともないけども。

 

 

自分のご機嫌が良くなることってなんだったけか。

立ち上がるにはどうしてただっけか。

思い出せない。

というか、昔の方法では効かなくなってるのかもしれない。

 

ああ。

やはり。何処かへ行きたいんだろうなわたしは。

そうだ、ひとりで何処かへ行こう。

まだ自由に動けない世の中ではあるけど。

そこに気付けたら気持ちが少し楽になってきた。

スッと息がしやすくなってきた。

 

 

楽しいこともたくさんあったはずなんだけど。

ひとまず、今日の自分の気持ちの確認はここまでにしておいて

またやるせなくなった時、いろいろ書くことにしよう。

 

今日も頑張るか。

 

 

 

 

 

白湯違い。