変わり者の記録

転勤族の変わり者が自由に書きます

今週はそんなことないように。

夫繁忙期により、朝から深夜までひとりで娘をみるのが始まった先週。

いわゆるワンオペというやつで。

まぁ大丈夫だろうと思っていたけど代わりに見てくれる人が誰もいないから行動がよめない赤ちゃんを相手に過ごすってかなり大変。

今のうちに!今のうちに!がたくさんで、エネルギーが足りない気がして、今のうちにと食べてばかりいたら太ってしまった…w

ただでさえまだ体重が戻ってないのにイカンイカン。

イライラも多かったんでしょう。ものすごく。

甘いものー!!うおーー!って感じだった。

今週はそんなことないように。

 

週末は娘の体調が気になり健診以来病院に連れて行ったり、

雨の中お宮参りの撮影があったり、

バタバタと終わってしまった。。

 

やりたいこと、やらないといけないことがたくさんある気がして、それがどうもできなくて

自分の手際が悪いんだろうなとイライラしてしまう。

イライラしているんだろうと夫にバレてしまっていて、家事や育児の負担を減らそうと頑張ってくれている。

だけどそれが理解しないままやってることもあるから結果、わたしの仕事を増やすようなことをするとさらにイライラしてしまってw

家の雰囲気は最悪になってしまうわけで。

だめだなー。

わたしも夫も娘も頑張っている。

その気持ちを忘れちゃあいけない。

今週はそんなことないように。

 

もっとこう、効率的に動きたい。

うまく省けることがあるんじゃないか、と毎日考えている。

なかなか答えが出ないんだけども。

 

バタバタしながらも昨夜は今期初の鍋。

トマト鍋で野菜をたくさん摂取。

鍋いいね。

土鍋だと後片付け大変だから小さい鍋ほしい。

 

今日は外出したかったけど、こんなに寒いんじゃ風邪ひきそうだからやっぱり断念。

来月になればどんどんお外に出られるようになるから焦らなくていいか。

のんびりだけど娘は確実に成長している。




和平フレイズ ホーロー鍋  トマトデザイン 23cm ニューDo!なべ DR-5397

お芋さん。

だんだん涼しくなってお芋さんがより一層美味しくなる季節。

やっぱり秋が好きだー。

お芋さんが好きだー。

栗も食べたいな。

梨も葡萄も外せない。

食べ物のことばかり。

 

娘との生活が始まって一ヶ月が過ぎた。

昨日、夫は有給を取ってくれて3人で一ヶ月健診。

娘は生まれた時より生まれた時よりも1500gも大きくなっていた。

すごいなー。びっくり。

幸い、わたしの母乳がわりとでていて

今のところ娘はミルクだろうと母乳だろうとガンガン飲んでいる。

よかった。本当よかった。

 

せっかく何かと聞ける機会で、小児科の先生も気になることは?と聞いてくれたのに

ほとんど聞けなかった。

先週から湿疹がでてきてしまって、それが気になったので聞いたけど

案の定、2~3ヵ月になる頃には消えてるでしょう、という感じで。

お宮参りの写真撮影は見送りかもしれないなー。

まぁ、本人が痒がったり辛そうではないから今のところはいいのかな。

はよう治りますように。

 

他にも聞きたいことって結構どうでもよく感じることばかりで。

抱っこ紐使う時の足の形とか。

スリングのコツとか。

母乳を飲ませる時間とか。

小児科の先生に聞く?みたいなことばかりで。

保健師さんが訪問した時にでも聞いてみよう。

 

病院で少し話した同じ日に出産した人と再び会えたのに勇気がでなくて話しかけられなかった。

とても素敵な人で、ママ友になりたかったな。

何かとまだまだ一歩踏み出せない。

育児に慣れてきたらそういう余裕も出てくるのだろうか。

外出もできるようになったし、わたしも運動していい許可がでたから外にでて気分転換するようにしていこう。

まだまだ新しいこと、たくさん。

 

新しいことといえば、こないだ初めて食べたさつま芋の品種シルクスイート。

炊飯器でご飯を炊く時にホイルに包んで一緒に入れたらとーっても美味しくできた。

また買ってこよう。

変化。

退院して2週間。

傷もだいぶよくなり簡単な家事は体調をみながらできるようになった。

娘は毎日顔が変わっていく。

生まれた時は小さかったけど退院する時にはだいぶ増えて病院でびっくりされた。

頑張って大きくなった娘は本当に頼もしい。

 

ひとりで沐浴に入れることにもだんだん慣れてきた。

家に赤ちゃんがいることを未だ不思議に感じる。

今までは好きな時間に好きに過ごせていたけどそうは行かない。

こんなにそうは行かないとは思っていなかった。

ご飯や家事もできる時にやっておかないとどんどん後回しになってしまう。

 まぁいっか、としていたことが

今のうち!に変わっていく。

娘はまだ抱っこ紐を使える体重に達してないので、抱っこしながら家事!ってのができなくてほんとスキマ時間にちょこちょこするしかない。

抱っこ紐~使えたらどんなに便利なんだろう。

 

産後のホルモンの変化なのか

夫のちょっとした言動に敏感につっかかってしまう。

今日もなんかイライラするなー(・ω・)

気持ちの切り替えうまくしていかなければ。

 

誕生。


f:id:shalala22:20170902024932j:image

 

今までしたことがない体験をいっぱいした。

昨日の朝、娘が生まれた。

 

30日夜から入院になり、35時間陣痛に振りまわされたなんとも大変な時間だった。

途中家に帰ったりしながらもサポートしてくれた夫は最後の最後、痛みのあまり震え出すわたしをみた夫はこの子は死ぬんじゃないかと眠気がぶっ飛んだらしい。

わたしは意識朦朧の中、脳内にベージュの木琴がずーっと浮かんでいた。

何でなんだろう。

 

小さめかもしれないと健診で言われていた娘は本当に小さくて低体重児だった。

でもほんとほんのちょっとだけ。

書類上はそうだけど、と言われながらこれから低体重児のリスクとかを説明された。

あとほんのちょっと大きく産んであげれたら、と思ったけど

夫は前向きで、ギリギリぴったりで管理してもらえないよりちゃんと診てもらえるほうがいいと言っていた。

それもそうだな、と。

早く産みたい産みたいと思っていたけど予定日2日前でこの大きさということはこれでよかったんだ。

 

今はまだ離れ離れで娘のことを抱っこできていない。

朝からいろんなことが待っているらしい。

 

月をまたいでの浦島太郎状態なので、外はだいぶ涼しいことを夫に聞いて知った。

サッカーW杯が決まったことを今朝知った。


昨日は親友の誕生日でもあり、おめでとうとメールをしてついでに出産の報告をしたら最高のバースデープレゼントだよ!と言ってもらえた。

そんな言葉をかけてもらえるなんて、幸せだなとニヤニヤしてる。


とりあえず髪を洗いたい。

2日も洗ってないのはまずいだろう。

猫さんもいいけどワンコさんも。

マンションのエレベーターでバギーに乗った可愛い黒いワンコに会った。

飼い主さんはずっとワンコの頭を撫でてて、ワンコ嬉しそう。

愛されてるのね。

ちょっとの時間だったけどだいぶ幸せになった。

可愛いなーワンコさん。

猫ももちろん好きだけどあのワンコさん、また会いたい。

 

 

その次の日の夜、夫と買い出しがてら散歩をしている時、

同じように散歩をしている昨日のワンコさんとその飼い主さん発見。

素敵な出会いがあったその日のうちに、ワンコさんの話は夫にしていた。

わたしは興奮気味に口をパクパクさせて、

あのワンコよ!!と夫に伝えた。

 

昼間バギーに乗っていたのは熱くなったアスファルトを歩かせない為で、その分夜歩かせてあげているのかな。

勝手な解釈だけど、またまた飼い主さんの愛を感じる。

 

 

 

 

豆しば ロール ペーパーホルダー 黒

豆しば ロール ペーパーホルダー 黒

 

 

受け入れる。


最近考えることと言えば、

早く産まれないかなぁ~…ばかりで。

こればっかりはお腹の子のタイミングに合わせるしかないのでどう足掻いても仕方ないんだけど

どんどんどんどん動きにくくなるし、ここまできて何故か悪阻のような症状が続いていて今こそ動く時!なのに毎日寝てばかりだったり。

ほんと驚くほど眠くて眠れる。

 

動けないことに落ち込んで

なんにもできないことにソワソワして。

精神的に悪循環。

 

晴れたら家中のカーテンとリネン類をバババっと洗ってしまいたい。

 

何に関しても、

早く〇〇にならないかな

早く〇〇しないかな

とばかりで、今を楽しんでいない様子がとてもいけないなぁーと自分で感じる。

 

これから先、思い通りになることのほうが少ないんだから、今のうちに受け入れる練習をしておかないと。

 

 

f:id:shalala22:20170819194624j:plain

 

お土産で買ってきてくれた船橋屋の白玉あんみつ。

初めて食べたんだけど、この世にはまだまだ知らない美味しいものがあるんだなぁー。。

また食べたい。

思うように外出できないけど、夫も夫で合間を見つけては何処かへ行き、お土産を買ってきてくれるのでそれが楽しみのひとつ。

夫にとっても自由に何処にでも行けなくなってくるから今のうちに楽しんでほしいなぁといったところで。

 

事前学習ランチ。

久しぶりに電車に乗って都内へ。

午後やすみがとれた夫と待ち合わせをして、ビジネス街でランチをしてきた。

何度か周辺を一緒に訪れたことはあったけど、ひとりで行くのは初めて。

しかも臨月。

おいおいって感じだけど、胃の圧迫がなくなってきて少しずつ歩けるようになったこともあり、

今はまだ下がってきていないと健診で言われたし、来週に入ったらいつ産まれてもおかしくないので今のうちだ!と数日前に計画した。

 

たくさんのビジネスマン、ビジネスレディが行き交う駅でのんびりゆっくり階段を登っていては迷惑になってしまうので、エレベーターを使えるルートを事前にチェック。

いつもは乗り換えで使わないけど便利な駅も探して完璧。

事前学習のおかげで空いてる車両に乗れて、最初から最後までエレベーター、またはエスカレーターで移動できた。

いやぁ便利な時代。

人に迷惑をかけることもなく動けて嬉しかった。

 

夫の仕事が終わるまで近くのチェーン店のカフェで待機した。

休日に一度だけ来たことがあって美味しくて雰囲気がよく、また行きたいと思っていたお店。 

酷暑で冷たいドリンクをキューーーっと飲みたいところだったけどホットココアにしておいた。

このココアが美味しくてびっくりした。

何度も確認して無事辿り着いた達成感

ココアの美味しさ

久しぶりのひとりカフェ

全てが満足で幸せに浸っていた。

 

夫がきてくれてランチをする中華料理店にむかった。

時々夫が職場の方と行っていて、担々麺がとても美味しいらしく今度行こうと誘ってくれていたお店。

 

いやー、本当に美味しかった。

今まででいちばんの担々麺。

スープ、全部飲みたかった。

塩分、気にした。

まだお昼休憩の方々で賑わっていたのでそこまでゆっくりはできなかったけど

子連れの方もいて、ビジネス街といえどもまた数ヵ月後には来れるかもしれない。

 

あの味が忘れられないし、あれ以上の担々麺にはしばらく出会えないかもしれない。

担々麺といえばしばらくはここに通うしかない。

 

もうふたりでゆっくり食事をしたり都内を散策することもないんだなー、と前日迄はおセンチな気持ちだったけど

担々麺の美味さにすべてを持っていかれて

また食べられるように頑張るか!!みたいなアドレナリンがぐんぐん出ております。

美味しいものは元気をくれる。

また頼ります。



涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)

涙を流し口から火をふく、四川料理の旅 (KanKanTrip)

ウワサの担々麺 最強の70杯 (Town Mook)

ウワサの担々麺 最強の70杯 (Town Mook)

 

 

納め。

先日、車の点検で以前住んでいた街に行ってきた。

これで最後だから行っておきたいお店を行こう~てことで、事前に綿密な計画を立てた。

が、、やっぱりわたしの体調がイマイチでほとんど行けず。

しかし、半年後に車検の関係でくることになるみたいと知る。

なんだー。よかったー。

行きたかった中華屋さんにリベンジできる!

…ほんと食べ物のことばかり。。

 

 


f:id:shalala22:20170727190435j:image

 

 

写真のお店はかなり静かで子連れはやや厳しい。

もう来れないだろうねってことで体調見計らって行ってきた。

以前の夫の職場から近く、当時時々職場の方々と行っていて美味しいからと一度連れてきてくれた。

ここのアップルパイがとても美味しい。

今回もとってもとっても美味しかったです。

優雅な気分でした、はい。

             

人生それぞれじゃないか。


f:id:shalala22:20170720170203j:image

 

 

都内には美味しいものが、ある。

夫が休日池袋へ行った際こんなキラキラ綺麗なものを買ってきてくれた。

わたしと違ってお土産のセンスがほんとに良い。

まだ知らない横文字のお店がわたしにはたくさんたくさんある。

美味しかったなー。

また食べたい。

池袋は今のわたしには負担がかかりすぎて行けない。行く気にならん。

しかし行きたい。

好きです池袋。

臨月まであとちょっと。

そしたら少しは動けるであろうか。

まぁでもその時は家中拭き掃除してやる。

こんなに綺麗好きだったかしら、と今になって思う。

 

 *************

 

人がひとり増えるということ。

その人がこちらの世界のことをわりと知らないということ。

その人をなにがあっても守っていかなくてはいけないということ。

こちらが前もって予測して行動することが必要ということ。

 

不妊治療をした経験、なかなか子供ができなかったこともあってか、

子供がいない、できない人への心無い言葉には今でもつっかかってしまう。

いや、まだ無事に産まれてないのですけども。

 

 

『子連れは最強。 』

『期待してるんだけど。』

『あなたにも早く出来るといいわね。』

『子供はまだー?』

『子供はいいよ』

頼んでもないのに子供ができるようにとなんかよくわからない数珠を貰ったり…。

ちなみに上三つ言葉は父親と父方の祖母の言葉。

今でも思い出して辛くなるので産まれても父親には会わせたくないと思ってしまう。

夫側の両親、親戚方は一切何も触れてこないことがとても嬉しかった。

何故、こんなことを言われなくてはいけないのか。

わたしは人を産んだらこのような無責任な言葉で人を傷つけるようになるのか。

 

先日、友人が会いに来てくれた時に似たようなモヤッとした経験をしたことを話してくれた。

なんでそんなことを言うんだろうね、

という感じでその話は終わったけど

ほんとどんなつもりでそんなこと言ってきてるんだか、と友人よりわたしのほうがモヤモヤしている。

 

人生それぞれじゃないか。

結婚してようがしてまいがいいじゃないか。

子供がいてもいなくてもいいじゃないか。

なんでもかんでも枠にはまらないといけないのか。

 

わたしは里帰りはしないし、産後の支えも夫のみ。

そのことをこの先他人に何かと突っ込まれたりするんだろうなと思っている。

そして二人目問題にも何か言われたりするんだろう。

そのことをどうだと言われても動じない鉄のハートがほしい。

 

先ほど話に出てきた友人。

わたしのことを妊娠して何も変わらないね、と言ってくれた。

良い意味だと思う、たぶん。

まわりはもっとハイになるんだろうか。

そう言ってくるということは少なくとも彼女のまわりではそうなのかもしれない。

 

これから変わっていくのだろうか。

周りが見えなくなるようなことはないだろうか。

そう心配するということは、そうなりたくはないということで。

みえない未来の心配をしても仕方ないけど。


 

夏、憧れ。


 夏が好きだ、と言える人に憧れる。

なんだろうか。

わたしはなんとなく言えずにいる。

なんとなく。

 

実際、夏が好きか、と聞かれたら

 

んー、秋が好きかな。とりあえず北に行きたい。

そんな風に答えるかもしれない。

 

好きになりたいけど苦手、嫌いなわけじゃない。

夏はそんな存在。

 

まぁそれも結婚した人が夏が嫌いだからかもしれない。

結婚する前はどうだったかと思い返してみたところで、夏を楽しんだ記憶はそうないけれども。

 

花火を見に行きたい、と言ってもあの人混みに行くのが無理、と返されて

毎年マンションのベランダからどっかの花火大会の小さく見える花火にひとり興奮して終わる。

花火に興味がないらしい。

そういえば西瓜にも。

 

暑いといつも以上に無口になり、車での移動が増えて、クーラーの効いた場所を求める。

夏が過ぎるのをただ大人しく待つ、それがここ数年の夏の過ごし方。

 

今年わたしは、ホルモンの影響で日焼けやシミができやすいらしい。

毎年使い切れない日焼け止めも今年だけは空に近づいてきている。

小さな達成感。

夏に挑んでいるようで、そんな小さなことでもわくわくしてる。

 

 


f:id:shalala22:20170716050412j:image

 

お使いついでにみつけた向日葵。

黄色でお部屋が一気に賑やかになる。

なんだかんだ向日葵は毎年買ってる気がする。

結婚当初は季節に合ったお花をよく買ってきてくれた我が家の暑さが苦手な人も、ここ数年はさっぱり。

帰り道にお花屋さんがなくなったことが1番の理由なのはよくわかっているんだけれども。

自分で買わなくなると興味もなくなるようで、こんな鮮やか賑やかな黄色がお部屋を彩っていてもまったく気がつかない。

 不思議で仕方がない。

こんなにココロオドルではないかー!!

と、叫びたくなる。

夏関係なくなってきたな。

 

まぁいいんだ。

共感はそこまで求めていない。

わたしはわたしで

夏に挑み、夏を取り入れ、夏を楽しむ。

そうしていこう。

 

というのも、お腹の子は夏生まれになるので。

生まれた季節を知ってほしいという気持ちが少なからずある。

夏が好きな子になるかは別として。